2020年07月22日

トレラン用 ショートパンツ

 7月に入ってランニングの走行距離は伸びたかというとそうでもなく、やっぱりウエイトトレーニングが主体となっておりますが、筋トレは毎回やる度に負荷(重量)を増やしているせいか、左肩の痛みが半端ないです。だってしょうがないですよね。持上げられちゃうんですから(笑)。結局のところ、ランニングもウエイトトレーニングも、基本的な部分は同じで、毎回同じ距離、同じスピードで走っていても、マラソンのタイムが縮まるはずもなく、筋トレも毎回同じ重さを挙げても良くて現状維持にしかならないと言う、簡単な話です。

 今回はそういう話では無く、再燃してしまったトレイルランニング。やはり素直にトレランは楽しい。で、問題発生。

IMG_20200719_095032352

 この野生を思わせる良く解らない写真なのですが、見て頂くと解る通り、私の太ももは異常に太い。これは長年に渡り私を悩ませてきた事で、とにかくパンツやズボンのサイズが合わない。ウエストに合わせると、太ももがパッツンパッツンで、生地が破れるんじゃないかぐらいピッチピチ。太ももに合わせると、ウエストが超ゆるくてブカブカ。

 それでも私が若かりし20代の頃は、スラックスなんかは、2タックでドカンのようなのが流行っていたからまだ問題はなかったのですが、最近のノータック、スキニーとか、スーパースキニーとか、はけね~っちゅうの(笑)。

 困ったのはトレランで、この時期、雨にぬれたり、大量の汗をかいたりで、水を絞れるぐらい濡れるわけです。性別年齢問わず、誰であっても。それで、ショートパンツがパッツンパッツンだと、山を登るときに太ももを上げるのに濡れてピッタリ張り付いてる上に、ピチピチで可動域が狭くて、邪魔でしょうがないわけです。

 で、どーするよ?と言う話なのですが、春や秋冬は何でもいいんですよ。濡れて張り付かないから。問題は7月8月9月のトレランで、とにかく汗で張り付く。考えるのはショート丈のショーツ。でも、いかにもトラック競技用のインナー入りのペラペラの切れ上がった恥ずかしい系は履けないので、4インチか6インチかその辺の丈のショーツ?で、しかも両脇に深めのスリット入り?になるのかなぁ~?

 とりあえず、アシックスのマルチポケットのタイプのはデザインと品質良いので、いくつか購入。あと、アシックスの2in1?インナータイツがついてるタイプを購入。あとアンダーアーマーのショート丈&大きなスリットを購入。まぁ駄目でもマラソンの大会で十分使えるので問題なし。

 それこそ、アルペンアウトドアーズフラッグシップ柏のトレランコーナーで見た、サロモンのトレランショーツ、Made in チュニジア、ペラペラ生地でスリットが切れ上がってるタイプ、手が出なかったけど、あんなのが一番いいんだろうな~と思う。ってか、4-5千円のパンツ2枚買うより、これ1枚の方がよっぽど安いじゃないの!!自分バカすぎる。

s-lab-short-6-m__L40069500_7


コメントする

名前
 
  絵文字